AU系列のmineoがNTTドコモ回線向けの格安SIMを取扱い!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

格安SIMはSIMフリーの義務化に伴いかなり活況を呈していますがほぼすべてのMVNO業者はドコモの回線を利用した業者で本件のmineoはキャリア系列そして例外的にAU回線を利用できるMVNO業者でした。

docomosims

ただ、マーケット的にドコモ回線を中心に回っているので端末的な制約も有ってなかなか取り扱いを増やせていない状況ではないかと思います。

最近発売されるSIMフリー端末も基本ドコモの周波数を意識したものが多いので端末の選択肢としても苦戦をしているのではないかと思います。

またiPhoneに関してもmineo回線を利用したばあいiOS8以降では旨く動作しないという不具合(原因不明で現時点調査中)が発生していて逆風が吹いている状態だと思います。

当サイトでもそんな状況を鑑みてドコモ系のMVNO業者のSIMを中心に紹介してきたのですがついに新しい展開としてドコモの回線も取り扱う試みを行うようです。

2014052001_thumb.jpg

想定されるサービス

料金的には現行の料金と同程度かもう少し廉価の料金を検討している様です。

また、AU回線の使用とドコモ回線の使用は手数料を支払うことで切り替えが可能になる様です。

ただ、AU回線を旨く活用できるのはAUで販売されている端末だけなのでもしかしたらドコモ回線の取り扱いが中心となってしまう可能性も若干ですが有るような気がします。

ただ、その場合はau系列会社が行っている意味が無くなってしまうので今後の動きに注目ですね。

管理人の感想

取り扱いをする業者が増えることは競争の促進につながるのは喜ばしい事だと思います。

ただ、AU回線を利用したMVNO業者の参入が無いのは恐らくauのmvno業者に対する回線の卸価格がドコモに比べて高いのだと推測されます。

この状況だとドコモ回線を利用したMVNO業者の競争は激化していくことが考えられますがそもそもやる気のないソフトバンクは論外としてもau回線もmvnoという意味ではドコモに敗れ去ることになりそうでその面での競争が期待できなくなってしまいそうです。

この競争が無ければmvno業者の回線仕入れ価格が安くならないので結局は我々が利用する料金も安くならないということになってしまうかもしれません。

ですのでauにはmineo以外のmvno業者が参入してくるような施策を望みます。

 

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用