モバイルSUICAの残高がおかしいときの対応方法。

スポンサーリンク
管理人日記

昨日モバイルSUICAを使って地下鉄の乗ろうとしたら残高不足(60円表示)で改札で止められてしまいました。
※東京は一定の残高がないと乗れません。

モバイルSUICAの残高を見ると2,428円の表示。

駅員さんに確認をすると、駅の機械で見ると残高は60円とのこと。
う~む、これはどういうことなんだろう?
駅員さんに説明を求めるとうちは地下鉄なので発行元のJRさんに聞いてくれとのこと確かに会社が違うので判らなくて当然ですね。

※解決策を先にお知りになりたい方は目次から「Walletでヘルプモードをオンにする」の項目をご覧ください。

状況的には
・モバイルSUICAアプリの残高表示は2,428円
・駅の機械で見ると残高は60円
・SF利用履歴を見ると2,428円という残高は2日構え位の残高なので利用した際の残高更新が上手くいっていない模様

仕方なく切符を現金で購入して出発しました。
正直切符を現金で購入するのいつ以来だろう?
やっぱりモバイルSUICA便利だよな。

でも結局残高は合わないままその日は終了。

スポンサーリンク

モバイルSUICAの残高がおかしいときの対応

端末の再起動

合わないままなのも気持ち悪いので一度端末の再起動を行ってみるが効果なし。
数時間後残高を見ると正しいと思われる金額に変わっていた。

ただ再度チャージを行ったところやはり残高が更新されない。

でまた1時間後くらいに見直すと更新されるという状態でした。

Walletでヘルプモードをオンにする

モバイルSuicaコールセンターに問い合わせをしたところ
恐らくAppleが提供しているWalletとモバイルSuicaの連携が上手くいかなかったことが予想されるので
以下のような対応方法を提示されました。

1)WalletでモバイルSuicaを選択

右上の横の三点リーダー(横に・が3つ並んでいる場所)をタップし画面展開をしてこちらの画面を表示(少し下にスクロールしています。)

ここの「ヘルプモードをオン」をタップしてオンにすると残高が反映するとの事。

実際に簡単に反映されました。

コールセンターの方にお話を聞くとどうやらこの現象はかなり前から起こっているらしく
端末の種類やOSのバージョンが限定されないとの事。

ま、実際に電話で話をしていて直ぐに対策を解凍されていたので何度か対応した経験値ががあるのは明白でしたけどね。

今回の感想

かなり前から発生している現用のようなので改善されることを期待したいですよね。
やっぱり残高の表示が違っているとぎょっとしますからね。

コメント