「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。」が表示された時の対応

スポンサーリンク
管理人日記

当サイトはGoogleアドセンスの広告を表示させていただいているのですが
そのGoogleアドセンスの管理画面に「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」

というメッセージが表示されるようになってしまいました。

これ何と?という感じで全然判らなかってんですけどGoogleのヘルプを見ると
「認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言」というのをads.txtファイルを使って行うらしいというのは理解できました。
出典:ads.txt で認定販売者を宣言する

ただこれを読んだ限りそもそもads.txtファイルは必須ではないと書いてあるので
もともと設置していない私のサイトにこれが表示されたのかは謎です。

ただ最近表示されたという情報がインターネット上に沢山あるので被害にあっているのは私だけではなさそうです。

他の方の対応もそうなんですけど、意地を張って収益が減っても自分が損をするだけなので言われたとおりに対応することにします。

スポンサーリンク

ads.txtファイルの作成方法

先ほどのヘルプにも記載があって割と簡単です。
以下のような内容を記載したファイルを作れば良いようです。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

※pub-0000000000000000の部分はご自身のサイト運営者 IDとなります。
 確認の仕方は管理画面からアカウント⇒アカウント情報を選択すると表示されます。

※ads.txtファイルの作成する際の注意事項
ご自身の運営されているWEBサイトと文字コードを一致させてください。
管理人の場合はUTF-8なのでこの文字コードで作成しました。
参考:管理人は秀丸エディタを利用しました。

あとはファイル名をads.txtという名前で保存します。

ads.txtファイルの設置対象ドメインの確認方法

これ実は管理人判らなかったんですよね。
Googleの情報に従うと
アドセンス管理画面のサイト⇒サマリー情報で確認できると書いてあるのですがどれが対象なので見た感じでは判らなかったです
問い合わせフォームから問い合わせもしてみたのですがGoogle側からの返信は有りませんでした。

結局どれが悪いのか?(というかどれも設置していないの対象はないはずだが)判らないので全サイトに対してads.txtを設置することにしました。←なんて従順なんだ!

ads.txtファイルの設置方法

まず設置場所はドメイン直下となります。

管理人はWordpressを利用しているのでpublic_htmlというフォルダの直下にftpソフトを利用して作成しました。
※管理人は複数サイト所有していたので手間の観点からftpソフトを利用を利用しましたが勿論レンタルサーバーの会社用意しているファイル管理ソフトでも問題ないと思います。

注意点:今回は試していませんが、例えばサブドメインを利用している場合もドメイン直下に1つ作ればOKのようです。
    

設置の確認は
https://ドメイン名/ads.txt
とブラウザに入力して正しく表示されればOKです。

ads.txtファイルの設置後

実はここから苦戦したのですが設置後1週間経っても表示は消えませんでした。
おかげでどこか間違っていないか何度も確認をしたのですが原因を特定できません。
クロールは24時間ごとに行われているらしいので1週間かかるとは思えないし。。。

でそのご諦めかけていたのですが突然表示が消えました。

本当に原因判らないんですけど正直結果OKでです。

コメント