あなたは対策は大丈夫? 今年はインフルエンザ大流行の兆しも 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既にインフルエンザで休校になっている学校も複数出てきているようです。


2015101402

今年は(も)インフルエンザが猛威を振るいそうとのニュースが流れています。
そんな中でインフルエンザワクチンに関するニュースを幾つか得ましたのでご紹介させていただきます。

インフルエンザワクチンの値上げ

今日のモーニングショウーでも放送していたのですが今年からインフルエンザワクチン予防接種が500円~1,000円程度値上げになっている様です。

値上げの原因はワクチンの原価が上がってしまったためとのことです。

インフルエンザワクチンの種類

インフルエンザは大きく分けると
A型、B型、C型の3種類があってこの中で冬季に流行するのはA型とB型です。
A型は香港型とソ連型、B型は山形系統とビクトリア系統に分けられます。

2015101501

実際のワクチンは流行予想に基づき例えば昨年は

  • A香港型
  • Aソ連型
  • B山形系統

の3系統のみが対象だったため予想外にビクトリア系統が流行してしまいました。

今年のワクチンは上記の4系統すべてに対応しているため
原価が約1.5倍になったと言われています。
病院の購入価が従来1,000円程度と言われていたのが1,500円程度になったのでその分値上げとなっている様です。

インフルエンザワクチンが足りない!!

国内のワクチンメーカー4社の中の1つの熊本市の化血研が厚労省の検査の関係で現在出荷できない状態になっていて製造を担当していた1,700万人分が不足する懸念があり他の3社で対応を検討している状態の様です。

値上げ、数量不足のダブルパンチの状態での懸念

値上げと数量不足でワクチンの接種率が下がってしまいインフルエンザ大流行が大流行してしまうのではないかと心配されています。

もう一つのワクチン接種方法

インフルエンザの注射は痛いから受けたくないという方も居られるかと思います。
特にお子さんは注射を嫌がる場合が多いのでワクチンの接種に苦労されるおかあさんも多いのではないかと思います。
実は管理人も注射は嫌いです!!

最近そんな注射嫌いな方に朗報の新しいワクチンの接種方法が試みられています。

新しい予防接種の方法フルミストとは

従来の注射で行う予防接種は血液を利用して全身の効果がある方法でしたが
フルミストは鼻の粘膜にインフルエンザのワクチンを噴射して粘膜に抗体を作るという方法です。

従来の注射でのワクチン接種よりも効果が高いという統計も一部に有りいま注目されている方法です。

ただ、この方法での効果が高いとされているのは
まだ、インフルエンザにかかったことのない人に効果が高いとのことで年齢が上がるにつれ過去にインフルエンザにかかったことが有る確率は上がるので効果も薄れるとも言われています。

◆不活化ワクチン(通常利用)との違いは?

 フルミスト 不活化ワクチン
対象年齢  2歳以上50歳未満  6ヶ月以上
 効果の持続  1シーズン  4ヶ月程度
 投与方法  鼻腔内に噴射  注 射
 成 分  4価(A型2株、B型2株)  4価(A型2株、B型2株)
 接種回数  1回(過去の1回もインフルエンザ

ワクチンを受けた事が無い方は

2回)

 12歳以下は 2回
13歳以上は 1回

フルミストのメリットとしては

  • 発病予防効果か高い
  • 注射をしなくて良い
  • 効果の持続期間が長い

と言われています。

フルミストを接種できない方

  • 2歳未満、50歳以上
  • 5歳未満で喘鳴の既往がある方、1年以内に喘息発作を起こした方
  • 慢性疾患のある方(心疾患、腎疾患、糖尿病など)
  • インフルエンザワクチンの成分(鶏卵、ゲンタマイシン、ゼラチン、アルギニン)に対して重度のアレルギーがある方
  • 妊娠している方
  • 免疫不全の方や、免疫不全の方のお世話をする方
  • 接種時にお子さんが激しく泣いてしまうと、ワクチンがうまく鼻腔に入らず効果が弱まってしまうため接種できない場合があります。

副作用
鼻水・鼻づまり・頭痛・発熱などの症状もしくはアレルギー反応などが起こることも有る様です。

その他
このワクチンは米国、欧州では認可されていますが日本では無認可のため万が一重篤な副反応が生じた場合
医薬品副作用被害者救済制度が適用されないというリスクがあります。

<<注意>>
記載内容については正確を期してはおりますが管理人は医療関係者ではありませんので詳しい内容は掛かりつけの医療機関等で必ずご確認いただけるようにお願いします。

管理人の感想

注射が嫌いな管理人ですがフルミストは年齢制限のため利用できないのは残念です。
でもインフルエンザは怖いですし、掛かって他の人に迷惑を掛けるのも嫌なので予防接種とともにうがい、手洗いを実行の他にマスクの着用もするようにしています。
管理人は眼鏡をしているので眼鏡が曇らなくて肌にも優しいものを愛用しています。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用