あなたのパソコンを守る システムイメージバックアップの取り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システムイメージバックアップの必要性

システムイメージバックアップとは

システムイメージとは、Windowsの動作に必要なドライブ全体を完全にコピーしたファイルです。

システムイメージを使用すると、システムイメージを作成した時点の状態に復元できるため、パソコンが起動しない場合などに行うOSの再インストール、アプリケーションのセットアップや設定の変更などを省くことができます。

システムイメージが無い場合は最悪元の状態に戻らない場合が有ります。

 

システムバックアップの取り方

Windows8の場合以下の手順で行います。

コントロールパネル

ファイル履歴

ファイル履歴左下に表示されているシステムイメージのバックアップを選択

2015050313

バックアップ先を選択

※容量に寄りますが外付けHDDかネットワークドライブを選ぶことになりますが速度を考えると外付けHDDが無難です。

※今回は例外的にネットワークドライブを選択しています。

2015050310

2015050311

確認画面が表示された「バックアップの開始」を押下するとバックアップが開始されます。

2015050312

システムイメージバックアップの考え方

システムイメージバックアップは取得するのに時間が掛かる処理ですのでソフトを導入した時などシステムに大きな変化が起こった時に取得するのが効果的です。

また数か月以上取得していないときにも取っておくとあとでWinodows Updateで適用されるパッチが少なくて済むので効果的です。

たださ、取得する頻度が少ないためユーザーデータを保護するバックアップと併用することが必要です。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用