ノートパソコンは画面が小さくて使い辛い そんなあなたにとっておきの方法をお教えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜノートパソコンを購入したのか

131874

ノートパソコンを購入する動機は以下のような項目が上げられると思います。

  • 外出時にパソコンを利用したい
  • 家の中で色々な場所で利用したい
  • 利用しないときにじゃまにならない
  • はじめから無線LAN機能がついているので便利
  • コンパクトで見た目がきれい

などが上げられると思います。

機能的に考えるとコンパクトで持ち運びが可能というのが選択している要因です。

ではどんな時に画面が大きいと良いなと感じるのでしょうか。

  • youtubeなどの動画の鑑賞
    大画面でみると迫力が違います。
  • 資料作成などの時に参考となる情報を確認しながら記事を記載をしたい。
  • 動画を見ながら関連のウエッブサイトの情報を確認したい。

などの状況が多いと思われます。

でも画面が小さいのははじめから判っていたことなんです。

といっては身もふたもないので改善策を考えてみましょう。

実は管理人もこの中の一人でこれからお教えする改善策で不満が解消され満足しています。

改善策の検討

要は画面が大きければ良いんですよね。

といってもデスクトップパソコンと違ってディスプレイの交換は出来ないのでどうしたものか。。

方法は外付けのディスプレイを有効に活用することです。

活用事例:動画を大画面で見たい

この場合はテレビを活用するのがお勧めです。

テレビでPC対応として販売しているモデルを選んでいる方は当然使われていると思いますがPC対応とされていなくても現在販売されている殆どの機種はHDMIのインターフェイスを持っていますのでPC側でHDMIの対応のインターネットを持っていればケーブルを接続するだけでテレビ画面にパソコンの情報を表示することが出来ます。

Windows7以降であればマルチモニター機能を使って2画面表示などが可能です。

※画面の解像度を設定する画面で表示の仕方を選択できます。

・画面の表示を拡張する。

2画面に別々の内容を表示できます。

・表示画面を複製する

2つの画面に同じ内容を表示する

2015030902

また、解像度はディスプレイ毎に設定できますので

ディスプレイの性能を十分に活用することが出来ます。

もしパソコンがHDMIに対応していない場合は

インターフェイスの変換コネクタを利用することで

殆どの場合利用できます。

この変換コネクタは通常のヨドバシカメラなどの量販店では取り扱いが無い場合が多く場合によっては違う製品を提供しようとする場合も有るのでアマゾンで購入されることをお勧めします。

価格的にも送料込で100円~200円位のものが多いのでもし使えなくても仕方が無いか位の気持ちで購入できるのも嬉しいですよね。

活用事例:資料作成などの時に利用

この場合はPC用のディスプレイを活用するのがお勧めです。

お部屋に以前使っていて今は使っていないパソコンのディスプレイは有りませんか?

もしあればそのディスプレイを利用して大画面が利用できます。

またなくても2万円弱で購入できるので検討の価値があると思います。

お勧めのスペックは19インチ以上(出来れば22インチ以上)で当然HDMIインターフェイスがついているものです。

資料の表示であればスペック的にはどの機種でも対応できるので問題ありませんが出来れば身目疲れないものの方良いですよね。

また、使う際には外付けディスプレーを主モニタに設定しておくと便利です。

設定は”これをメインディスプレイにする”にチェックを入れるだけなので簡単です。

外付けディスプレイを外しているときは自動的にパソコンのディスプレイに切り替わりのでかなり便利です。

2015030903

テレビが同じ部屋に無い場合はこのモニターを使って動画を見るのも良いですね。

管理人は以前使っていた三菱製の19インチのものが有ったので変換コネクタをアマゾンで購入して利用しています。

DVI→HDMI変換アダプター《HDMI:メス》《DVI24ピン:オス》

これ200円(送料込)でしたのでかなり安く利用できました。

ただモニターの解像度が少し狭いので

新しいモニターを購入するか画策中です。

新しく購入するのであればモデル的にはこのあたりがお勧めです。


iiyama スリムベゼル+AH-IPSパネル『XUシリーズ』 FullHD(1920×1080)モード対応 WLEDバックライト23型ワイド液晶ディスプレイ XU2390HS-B1

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用