MVNOの格安SIMを利用して携帯費用を節約しよう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今この話題をする背景

実はMVNOのSIMを使って携帯費用を節約することはNEXUS7などのSIMフリー端末が発売された時から可能でした。

ではなぜ今この内容の記事を書こうとしているかというとSIMロック解除の義務化が2015年5月から実施されるからです。

SIMロック解除の義務化が実施されることで周波数の問題はあるがMVNOが活性化することで現在の高止まりをしている携帯料金が少しでも安くなればと考えています。

MVNOを利用するときの現状

2015031602

まず最初にMVNO業者で出来ないことを確認しておきましょう。

一番多いなものは当たり前ですが従来の回線業者のメールアドレスが利用できません。

またMVNO業者からも提供されないことが多いです。

よってメールが必要な場合は独自に用意する必要があります。

また端末についても用意する必要があるので方法で準備が必要です。

  • SIMフリー端末を利用
  • MVNO業者が販売しているものを回線とセットで購入
  • 旧回線業者で使っていたものを利用

※現行MVNO業者は殆どの業者がドコモ回線を利用しているためそれを前提として記事を記載します。

SIMフリー端末を利用

  • 購入した端末が全周波数(BAND)に対応していないためエリアが狭い。
  • 端末を新たに購入するため購入費用が掛かる。

MVNO業者で販売しているものを利用する場合

  • 価格を抑えるため下位機種か良くても中位機種のため使い勝手があまり良くない。
  • 端末を新たに購入するため購入費用が掛かる。
  • 購入した端末が全周波数(BAND)に対応していないためエリアが狭い。
  • 端末の選択肢が少ないため好みの端末が選べない

回線業者で使っていたものを利用

  • 一部の機能(テザリング)が利用できない

などが挙げられます。

また用意した端末で利用できる周波数の確認が必要です。

下図は例としてSIMフリーのNEXUS72013を利用したときの利用可能な周波数を纏めたものです。

2015042401

ドコモは900Mzhの3G通信が利用できませんしauは2.1GhzのLTEにしか対応していません。

これを見る限りauのSIMでは殆ど使えずドコモもフォーマエリア プラスの周波数帯が利用できないので地方ではつながらないことが多いことが判ります。

MVNO業者を利用する前にこの内容を理解しておくことが重要です。

管理人も以前OCNのSIMをNEXUS7で運用していたことがあったのですがやはり地方では電波が入らないことがありました。

しかしドコモで販売していた端末であればこの問題は解決されます。

しかし別の問題としてドコモで販売されていた端末はテザリングをしようとするとSPモードに自動的に切り替わるのでドコモ回線の契約がないと結果的にテザリング出来ない様になっています。

ここは本来なんとして欲しい内容ですが現時点での情報ではおそらく改善されないと思われます。

携帯料金を安くする方法

通話の利用頻度にもよりますのでケースを分けて考えてみましょう。

通話を余りしないケース

この場合はMVNOの通話SIMを利用するのが良いと考えられます。

OCNの5GB/月コースでも2,150円ですので3大携帯会社の8千円くらいと比べれば

月額で5,850円安くなります。

端末を購入した場合もう少し高くなりますがそれでもかなりの節約になると思います。

通話をある程度する場合

この場合は2代持ちにするのが良いと思います。

2015031601

au携帯(通話)+タブレット

auで簡単な見積もりとみると携帯端末を新MNPで購入した場合端末代すべて月々サポートで値引きされるので実質0円です。

au携帯のかけ放題プランは2,200円なので通話は2,200円/月賄えます。

たとえば購入する場合でも

タブレットはもし手持ちのものがなければ現在利用していたスマホで代用します。

せっかくなので少し大きい画面の方が良いというような場合は3万円程度で購入できます。

 ドコモユーザーを想定して粗い計算をしてみると

<<現状>>

通話料2,000円(想定)

スマホ基本料+データ契約8,000円

で合計1万円月にかかっていたとして

<<MVNOに変えた場合>>

・初期費用

解約料費用9,800円

事務手数料6,000円

(3,000円X2)

合計15,800円

・月々の費用

携帯(かけ放題)2,200円

OCN(5GB/月)2,150円

合計4,350円/月

差額は

10,000/月(現行)ー4,350

5,650円

15,800/5,650=約2.8

ですので

通話がかけ放題で約3ヶ月で元が取れます。

4ヶ月以降は毎月5,650円の節約となります。

デメリットとしては2台持ち歩くのでバッテリーの管理が煩わしいことですねが金額的には大きなメリットですね。

今回例としてご紹介したOCNのプランはこちらから確認できます。

OCN モバイル ONE

 

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用