ついにGoogle Adsense Amazon ソーシャルプログラムを検討

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリフェイト

ちょっと前の記事であまり興味が無いと書いた記憶が有るのですが気が変わって検討してみることにしました。

検討する理由

2014081503

  1. コストの問題
    有償のサーバーに移行したためその費用を少しでも補填をしたい。
  2. アフェリエイトの仕組みを理解したい。
  3. コンテンツの充実を図りたい。
    商品紹介ページなどを書いた場合購入先のリンク情報を利用できた方が画像等も使用でき表現が膨らむ可能性がある。

と大体こんな感じの理由ですね。

あとブログ等で掲示していないものをほとんど見かけないというのもありますね

※この記事はご覧の方は既にどこの広告が掲載されているかはお分かりだとは思いますが。。

検討対象

一応検討対象として有名処では以下のような物が有るようです

  1. Google Adsense
  2. ValueCommers バリューコマース
  3. A8.net エーハチネット
  4. Amazon.com アソシエイト
  5. 楽天 アソシエイト
  6. etc….多数

2014081501

今回は大手のGoogle、Amazon、楽天にとりあえず申し込んで見ることにしました。

申し込み先

Googleは こちら

Aamazonは こちら

楽天は こちら

で申し込むことが出来ます。

申し込みをする前提として既にサイトを所有していることが必要です。

ネットを見るとAmazonとGoogleに関しては審査を通らない場合があるようで申し込む前に対象のサイトの確認をしておいた方が良いと思います。

特にGoogleは厳しいようで審査用のサイトを新規に立ち上げるのを勧める記事を沢山見ました。

Googleを例にとってみると以下のようなルール(抜粋)になっています。

1や2は当然しませんし審査時には関係ないです。3は申請を行うコンテンツによると思います。まあアダルトはやっていませんがこれとは別のブログは食リポの際ビールという単語をたまに使っているので恐らくNGとなると考えてこちらのブログを申請しました。

注:Googleの場合は申請時は一つのサイトのみで申請をし、合格後は複数のサイトに展開できるというものです。Amazonは申請時に同時に複数可能ですしサイトを増やす際は追加の登録が必要となります。

2014081502

Googleのルール抜粋

  1. お客様自身でご自分の広告をクリックしないでください。
  2. ご自分の広告をクリックするよう他のユーザーに依頼しないでください。
  3. アダルト コンテンツ、暴力的または不適切な表現、薬品(アルコールとタバコを含む)、著作権で保護されているコンテンツなど、掲載が禁止されているコンテンツをサイトに含めないでください。
  4. AdSense コードに変更を加えないでください。
  5. ウェブマスターの品質に関するガイドラインに必ず従ってください。
  6. ユーザーの利便性を高めてください。
  7. ページに掲載する広告ユニットは 3 個まで、リンク ユニットも 3 個まで、検索ボックスは 2 個までにしてください。
  8. 広告に関連していると誤解させるような方法で、広告の近くに画像を配置しないでください。

実際の申請作業

前提としてGoogleに合格できる基準ならば全部合格すると考えていました。

事前準備

申請対象のコンテンツのうち引っかかりそうなものが無いか確認。

チェック項目

・アダルト関係

これはそもそも書いていないので関係なし。

ただアルコールの表現は有るので取り扱い注意

※Googleに申請対象のサイトからは外す。

・著作権関連

iphoneの写真など微妙なものもあるが

基本的には問題ないはず

実際の申請

楽天

申請後すぐに登録完了のメールを受信

恐らく審査は無いものと思われます。

Amazon

11時申請で14時30分ぐらいに

Amazon.com Associates プログラム-アプリケーションが承認されました。

というメールが来ましたので3時間半位で承認されました。

ネットでは不合格や通知に時間が掛かる場合もあるようなので何らかの審査が有る模様

管理人は今回該当しないのですが

取引履歴のない新規アカウントでは通らないという情報をネットでは見かけました。

Google

Googleは2次審査まで有るようで

Google AdSense によるお申し込み内容の審査が完了しました.。

という一次審査の完了通知が同日の20:00位に来ました。

このあと実際に広告のリンクを作成して(広告自体は有効化されるまで実際には表示されない。)の審査となります。

配置自体は使っているテーマがGoogle広告に対応しているので問題ないだろうと考えていましたがその他の観点は若干曖昧なところも有るのであまり自信が有りませんでした。

まる一日経っても何も音沙汰がないのでかなり不安な状態で待っていました。

冷静に考えると落ちても別に大したことはないのですがやっぱり落ちるのは感じ悪いので何とか合格でお願いしたいところです。

結局申し込みから翌々日の7:00に以下の通知が来て合格となりました。

おめでとうございます
AdSense アカウントの有効化が完了しました。

感想

終わってみた感想としては規約をよく読んでコンテンツを整理しておけばこれは落とすための審査ではないのでそんなに問題ないように思います。

よく外部リンクを貼っていない状態の審査用の無料ブログを作ってから申請しろとかいうのを見ましたが結局は合格後にリスクを負うことになるのでメインのサイトで申請する方が良いようには思います。

ただアルコールとか普通に記事に出ている場合は実際には広告とその記事が一緒に表示されなければ良いだけですが審査時にGoogleがどのように判断するか判りませんのでそのサイトではなく別の物の方が良いかもしれません。

今後の展開

まだ契約が出来ただけですので何の意味もありません。

主は記事を書くことなのでどうクリックをさせるかというような研究はする気はありませんがブログに合わない広告は困るのでどんな広告を載せるかは考える必要があると思っています。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用