「The Roast」自家焙煎珈琲を手軽に楽しめる魔法の焙煎機 レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック様のご厚意で「The Roast」の体験をさせていただく機会を頂きましたのでご紹介をさせていただきます。

場所:パナソニック リビング ショウルーム 東京(汐留)
   1階 リフォームパーク内 多目的ルーム

「The Roast」とは

「The Roast」は世界有数の焙煎士が作成するプロファイル(レシピ的なもの)に基づいて世界中から厳選した高品質な生豆を使って上質なコーヒーをご自宅で楽しめるサービスです。

「The Roast」を使えばプロファイルに基づき自動的に焙煎してくれるので、美味しい自家焙煎コーヒーをお手軽に楽しむことが出来ます。

こだわりの生豆

エチオピア、インドネシア、ブラジルなど有数の産地から厳選された生豆が提供されます。

豆に合わせた焙煎工程(プロファイル)

1種類の豆に対して、4段階の焙煎度の中から焙煎士後藤直紀氏が厳選した2~3つの焙煎工程(プロファイル)が用意されていて年間で100パターンを超える味わいや香りを楽しむことができます。

この 後藤直紀氏はワールドコーヒーロースティングチャンピオンシップ2013年優勝の実績を持つ方なので美味しいに決まってますよね。

「The Roast」の詳細はこちらからご確認いただけます。

パナソニック リビング ショウルームでの「The Roast」体験

上記の情報はインターネット上にも記載されているので情報をインプットしてショウルームへ向かいました。

最寄り駅は都営大江戸線の汐留駅です。

こちらから徒歩数分で到着です。

既に「The Roast」の準備は出来ているようです。

「The Roast」の実践

まずは「The Roast」の概要説明を係の方からご説明いただいて実際に操作をさせていただきました。

そう!、操作はこのボタン押しただけでした。
うん?、簡単過ぎでは。。。

ボタンを押した後のアプリの動きです。
こちらもただ見てるだけなんですよね。。。

出来上がるとこのようにチャフ(皮の部分)と豆を分けて取り出すことが出来ます。
※焙煎完了後は、チャフを取り除くためのビンを交換して豆を取り出します。

これだと良く判らなかったので手順をもう一度確認すると

・iPadで専用アプリを立ち上げる。
      ↓
・送られてきたコーヒー豆の袋に付いているQRコードを読み込む
      ↓
・プロファイルを選択して・「The Roast」本体へ送信&本体ボタン押下
      ↓
・生豆投入
      ↓
・焙煎
      ↓
・チャフ排出(本体ボタン押下)
      ↓
・焙煎後の豆取り出し(本体ボタン押下)

という流れになっています。

まあ、QRコードを読み込んでボタン押すだけなので簡単ですよね。

「The Roast」を利用するための事前準備

今回は係の方が事前に設定等を行っていただいていたので特に必要ありませんでしたが実際に購入した際は以下の様な準備が必要になります。

「The Roast」の操作で必要な専用アプリの準備

・「The Roast」専用アプリをインストールする端末の用意
「The Roast」は専用アプリからデータを送信して使う形ですので端末の準備が必要になります。
端末はiOSを搭載したiPhoneやiPad・iPodなどに対応しています。

【iPhone】
iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、
iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

【iPad】
iPad Pro(12.9インチ)、iPad Pro(9.7インチ)、iPad 2、iPad 3rd generation、iPad 4th generation、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4

【iPod】
iPod touch 5th generation、iPod touch 6th generation

最新の対応端末はこちらからご確認いただけます。
>>>対応機種一覧
※残念ながら現時点でAndorid端末には対応していないようです。

次にApp Storeから専用アプリ「The Roastアプリ」をインストールします。

次にアプリを利用するためには「CLUB Panasonic」のIDが必要ですのでもしお持ちで無い場合は登録を行います。
登録は以下のURLから行うことが可能です。
CLUB Panasonic 新規会員登録

インストール後bluetoothで焙煎機とアプリをインスト―ルした端末のペアリングを行います。

アプリの右下にあるメニューをタップします。
次にメニューの中から「ペアリグ設定」をタップします。

焙煎機側のボタンを5秒長押ししてペアリングモードにした状態で
「ペアリングする」をタップします。

※詳細はアプリに付いているマニュアルをご覧ください。

これでアプリの事前準備完了です。

このアプリを使うとQRコードを読み込んでのレシピの焙煎機への送信の他、味の特徴などのレシピの情報を確認することが出来ます。

コーヒーを楽しむための器具の準備

「The Roast」は生豆を焙煎するという機械なので実際にコーヒーを楽しむためには

・ハンドミル
 

・ケトル&ドリッパー

などが必要です。

勿論コーヒーメーカでも大丈夫です。

「The Roast」で作ったコーヒーの実際の味は?

味は言葉で書くのなかなか難しいんですけど美味しかったです。
※ボキャブラリが少ないのですみません。

豆はブラジルだったんですけど
Light Roast(浅煎り)とDark Roast(深煎り)の味の違いははっきりと判りました。
Dark Roast(深煎り)だとブラジル特有の酸味はあまり感じられませんでしたけどLight Roast(浅煎り)だと豆の特徴が素直に伝わってくる感じでした。

自家焙煎だとなかなか上手く出来ないと言われているLight Roast(浅煎り)が簡単に出来るのは凄いと思います。

「The Roast」の楽しみ方

「The Roast」は単に焙煎機を販売しているのではなくて販売ページでは物語を販売するという記載になっていますがコーヒーを飲む楽しみを販売しているパッケージ商品です。

生豆は季節に合わせて厳選されたものが提供されますし、レシピによりLight Roast(浅煎り)やDark Roast(深煎り)などを簡単に楽しむことが出来ます。

もう一つの楽しみ方として「エイジング」があります。
焙煎したあとの保存期間により味が変わってくるのだとか。
今回の訪問では実際には試すことが出来なかったのですがかなり興味があります。

自分好みの「エイジング」を極めればワンランク上の楽しみ方が出来るのではないかと思います。

「The Roast」のお手入れ方法は?

幾ら簡単にコーヒーを作ることが出来てもお手入れが大変だとちょっと思ってしまいますよね

でも「The Roast」は安心です。

汚れが付く場所は簡単に取り外しが出来るようになっていて水洗いも可能です。

もし万一旨く動かない場合も「The Roast カスタマーセンター」が用意されているので安心です。

「The Roast」のお値段

「The Roast」本体(焙煎機)

「The Roast」は本体(焙煎機)価格10万円となっています。
内容は焙煎機本体、チャフ専用ビン、スターターキット(生豆200g×2種 初回サービス)となっています。

支払方法はクレジットカードによる支払いの他分割払いも用意されています。

分割払い(JACCSと契約)も可能で
・12回払いの場合:
 初回 / 8,333円(税抜)
 2ヵ月目以降 / 8,333円(税抜)
 ※手数料負担なし

・24回払いの場合
 初回 / 4,818円(税抜)
 2ヵ月目以降 / 4,444円(税抜)
 手数料負担あり

となっています。

「GREEN BEANS(生豆)の定期頒布契約

焙煎機本体をご購入時に、合わせて実際に飲むコーヒーの豆の購入契約を行う必要があります。
コース的には
・生豆2種コース 3,800円/月(税抜)
・生豆3種コース 5,500円/月(税抜)
の2種類が用意されていて契約単位は1年単位です。

また旅行などで暫くいない場合など休止を行いたい場合はThe Roastアプリから簡単に行うことが出来ます。

「The Roast」のまとめ

「The Roast」の良い点

「The Roast」の良い点としては

  • 自家焙煎がボタン一つで簡単に出来るので家庭で美味しいコーヒーを楽しめる
  • プロが選んだ選りすぐりのコーヒー豆が届く
  • プロが作ったコーヒーにあわせたレシピで簡単に美味しいコーヒーが作れる
  • 一杯あたり100円強とかなりリーズナブルな値段で楽しめる

などがあげられます。

厳選した豆をプロのレシピで簡単にコーヒーを淹れられるというのはかなり画期的だと思います。
価格的にも3800円(生豆2種コース)で約32杯入れられるので約118円/杯とかなりリーズナブルな価格で楽しめます。

「The Roast」の気になる点

「The Roast」の気になる点としては

  • 本体価格が10万円と初期費用が少し高め
  • アプリがiOS版のみ用意されていてAndoroidに対応していない
  • 送られてくる豆の種類を選ぶことが出来ない

などがあげられます。

初期費用に関しては普通に販売されている自家焙煎用の機器でも最低でも数万円以上の価格ですし、
ボタン一つで美味しい自家焙煎コーヒーをお手軽に飲めるのはかなり良いと思います。

アプリがiPhoneやiPadなどiOS搭載の端末にしか対応していないのでもし持っていない場合は用意する必要があります。
係の方に確認したところ当面は対応予定はないとのことなのでもしお持ちでない場合は価格的にも比較的廉価ですし画面も大きいのでiPadを用意するのが良いかと思います。
※体験の際もiPadが使われていました。

好みの豆を選ぶことが出来ないのは場合によってはマイナスポイントになるかもしれないですが
追加購入で好みの豆を購入することは可能なのでこちらで対応することになると思います。

「The Roast」のコンセプトはプロの焙煎師が選んだ豆を確かな技術で楽しむという物語を提供したいというものなので堪能したいものですね。

契約を行うと1年分の豆の資料が付いていてそれだけでも読んで楽しめると思います。

「The Roast」はこんな人にお勧め

  • コーヒーの自家焙煎をしたいけど難しそうで出来なかった人
  • 美味しいコーヒーを楽しみたい人
  • 美味しいコーヒーをお家でリーズナブルに楽しみたい人
  • お客様のおもてなし用として使いたい人

「The Roast」の最新情報はこちらからご確認いただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする