ドコモ、携帯電話と固定回線のセット割「ドコモ光パック」を2月に提供を発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモ光パック提供を発表

10月31日に開かれた、同社の決算会見でドコモ光パックの2015年2月から提供を開始すると発表したようですね。

これでAUが実施しているauスマートバリューとバリューと同様な割引サービスが提供されるようです。

2014110401

提供方法

前提条件

前提条件としてNTT東西が所有している光回線をFVNO業者に提供するというサービスを今秋から提供開始するようですがこれを利用しての提供の様です。

元々ドコモにはNTT法の縛りが有ってNTT光回線を提供できなかったのですがMVNOという形をとることで回避するようです。

※FVNO(仮想固定通信事業者)
モバイル回線のMVNOと同様に実際に回線設備を持たない業者が回線業者の設備を利用して仮想的に回線業者となりサービスを提供すること。

実施方法

前提で記載した通り、NTT東西の回線をFVNO業者であるドコモが提供する形となるので光回線の契約をドコモと行う必要が有ります。

言い換えれば現在NTT東西と契約していてもこの割引サービスは利用することが出来ず、ドコモと契約し直すことが必要となります。

ドコモは個々の部分の利便性を高めるために既存のISPをそのまま使えるように進めているようです。

確かにセット割をメールアドレスが変わってしまうのは少しめんどくさいのでそこの部分の対応は重要ではないかと思います。

また、回線設備もそのまま利用できればNTT局側だけの切り替えで利用できそうな気もするので良いのですが、ONU等の設備はNTT東西の資産なので難しいかもしれないですね。

もしここもクリアできるとすればAUへの切り替えに比べて格段に手間が少ないので容易に拡販出来る様な気もします。

利用者側にメリット

  1. 既存ISPが継続して利用できる可能性が高いのでメールアドレスの変更等余計な手間が省ける。
    ※NTT回線を現在利用の場合
  2. ドコモの回線を割引価格で利用できる。
  3. 他社が対抗を行い、より競争力のある価格体系が埋めれる可能性が有る。
  4. NTT光回線は一番利用されている回線ですので対象者が非常に多く割引を受けられる可能性が高くなる。

他社の対応状況

  • AUに関しては既に同等のサービスを提供しているがドコモとの競争上より競争力のある価格が出てくる可能性もある。
  • ソフトバンクに関してはドコモと同様にNTT光回線を利用したサービスを提供すると開始時期は未定ながら発表している。
  • 携帯業者の他にも光のFVNOとモバイルのMVNOの両方を行いセット販売を行う業者も出てくるかもしれませんね
    ただまだ、FVNOの細かい部分の情報が入手できていないので何とも言えない部分ではあります。
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用