バイク用ヘルメットの購入の仕方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日バイク(ホンダ PCX)を購入した際にヘルメットも購入しました。

バイクやの親爺さんにまだヘルメット用意してないんだよねという話をしたら
「とにかくヘルメットはサイズ合わせが大事」ということで実際に店舗に行って試着?といえばいいのかかぶってサイズを合わせた方が良いよとアドバイスを貰いました。
メーカーはショウエイとかARAIが丈夫でいいけどまあ丈夫なものなら安いものでもいいんじゃないという感じでした。

近くには2輪館というバイク用品ショップがあるのでとりあえずに行ってみればという感じで自分のところでは余り売る気はなさそうでしたね。

さっそく2輪館に行ったのですが正直一杯ありすぎて良く判らんというのが感想です。

ヘルメットの種類的には以下のような種類が有ります。

種類 特徴

長所  短所
 フルフェイス ヘルメットの中でも安全性が最も高いとされているタイプ  顔全体を守るため安全性が非常に高い。  通気性が悪く、重量も比較的重い
 ジェット フルフェイスの比べると顎部分の防護がないがその分軽量化と快適性が上がっている。  後頭部まで覆うため比較的安全性が高い

重量は比較的軽量

 シールドが無い場合は顔に直接ダメージを受ける可能性が有る。
 システム(フリップアップ) フルフェイスとジェットの良いとこどりをした形式、眼鏡をかけたまま着脱できるモデルも  フルフェイスと同等の防風効果を得られ、フリップを上げれば解放感はジェットと同様  構造的に外観が大きくなりがち、重量的にも重いものが多い。
顎部分の防護は過度の期待は禁物
 ハーフ カジュアルで価格的にも安価だが安全性は一番低い。利用できるのは125cc以下  軽量で解放感が有り、価格も安価  形状の問題で事故時受傷する確率が高い。
125cc以下でしか利用できない。
オフロード バイザーなどオフに特化した形状でフルフェイス並みの安全性を持っている ゴーグルを使用できルフェイス並みに安全性が高い バイザーが風を受けやすいため高速道路に不向き。

選び方的には

安全性を重視する方はフルフェイス

装着感を重視する方はじぇっとという感じですかね。

システムはかなり大きく重くなるわりに安全性が上がらないモデルが多いので個々の製品を見てお気に入りが有れば選ぶ感じになると思います。

ハーフに関しては安全性があまりに低いので管理人的にはお勧めしません。

管理人自身は本当はフルフェイスが良いかなとも思ったのですが購入したPCXのシート下の容量が25ℓと小さいのでジェット型を中心に検討することにしました。

それとあまり高いものは購入できないので店員さんのお勧めで軽量だけど強度はつよいとお勧めのkabutoにしました。

決めては価格の他に太陽光をシールドする機能や眼鏡をかけやすい様に窪みが出来ていたりと工夫が有る点ですね。

ただ、購入は2輪館はキャンペーン中だったのですけどアマゾンと5千円位価格差があったのでアマゾンから購入してしまいました。

お勧めの購入の仕方は

・実店舗に行ってサイズなどを実際に装着して合わせる。

・購入はヘルメット自体そんなに安くないので複数の店舗やネットを比較して購入する。

でも基本的には相談にのって貰ったお店で購入するのが良いですね。

ただ、今回の私のように価格差がかなりあってサイズもその時点でなかった様な場合はごめんねと思いながらポチるのも仕方ないかなと思っています。
オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット ASAGI フラットブラック L (59-60cm)

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用

コメント

  1. ポテトサラダ より:

    はじめまして。
    ブログを拝見して、同じpcx でヘルメットも同じOGK カブト アサギを購入予定にしています。
    メットインの収まり具合を気にしていますが、どのような感じでしょうか?教えて頂けると助かります。
    よろしくお願いします。

    • pinball より:

      ポテトサラダさんコメントありがとうございます。
      返信が遅くなりすみません。

      OGK カブト アサギの件ですがサイズXLでメットインに問題なく入りましたよ。
      もっとも通常はリアのボックスかハンドルに付けたアクセサリ使ってますけどね。(笑)

      以上