「つながりやすさNo.1」「通信速度1位」にクギ、総務省が基準策定へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

LTEがはじってから特に通信速度のアピール合戦がし烈になっていますが実際に利用するときの速度とかけ離れていて消費者保護の観点からかなり問題となっている様です。

そこで昨年の人口カバー率の基準の統一化につづき

「つながりやすさ」「通信速度」に関しても

企業独自の基準ではなく標準の基準を策定するべく総務省が動いている様です。

出典:ライブドアニュース

「つながりやすさNo.1」「通信速度1位」にクギ、総務省が基準策定へ

実際はどうなのか?

この件ではよくソフトバンクが叩かれていますが

例えばつながり易さの件ではソフトバンクは自社をNO1にしていますがちょっと判っている人でこれが本当だと思っている人はほとんどいないのではないかと思います。

そもそもソフトバンクはNTTのエリアプラスの領域を借りれないかとか考えているのですからエリアのカバーについては他の2社に比べて狭いはずです。

ところが電話をかけてつながった確立をもってNO1の宣伝をしているのですが

つながらない原因は圏外以外にも色々ありますし

そもそもソフトバンクがつながらない場所にいる人が

ソフトバンクと契約をするはずがないので調査の意味的にどうなのかと考えさせられるデータだと思います。

速度の件も同様で条件が如何にも同じのように誤解するような記載で都合の良いデータだけをアピールしているようにしか思えません。

出典元の記事でもAUとソフトバンクの速度比較をしていましたが体感的には当然の結果のような気がします。

今回の結論

通院会社選びはあまりコマーシャルに流されず冷静に選び必要が有ると考えています。

そう言う意味で同じ物差しで比較できる基準を総務省が作ることは望ましいのではないでしょうか。

早急に実現してほしいと思います。

でもまた、網の目を潜り抜けるようなことをやって来そうな会社もありますけどね。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用