やらないと損!! iPhone6をVoLTE対応のiOS 8.3にしてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS8.3

4月9日にリリースされたiOS8.3の目玉はVoLTEの対応です。

これに対する対応は大手3社で少し違うようです。

・ドコモ

iOS8.3に上げると自動的に音声通話も

VoLTEになっている

・AU

iOS8.3に上げたのち端末で設定変更が必要

・ソフトバンク

iOS8.3に上げたのちMysoftbankで

サービス申し込みが必要

という状況のようです。

ドコモ⇒AU⇒ソフトバンクの順で手続きが面倒になっていますので逆に考えるとVoLTEに対する自信と関係があるのかもしれません。

以前はVoLTEサービスが始まれば既存の音声と違いデータ通信の回線を利用できるので料金が格段に安くなると言う話でしたが今後どのようになっていくかも楽しみですね。

ドコモの場合は既に主たるサービスは話し放題に移行しているのでVoLTEを使ってもらった方がメリットがあるのでしょうね。

<<補足説明>>

※VoLTEとはVoice over LTE, Voice over Long Term Evolutionの略で誤解を恐れずに簡単に言うと

音声通話にLTEを利用したデータ回線を利用することです。この結果高音質で明瞭な音声通話が楽しめ料金的にも廉価なサービスが受けられるようになると言われています。

管理人が実際にやってみました。

管理人のiPhone6はAU版ですがアップデートは通常通りの方法で可能です。

AU版の場合アップデートする価値はVoLTEで通話できることに加え今まで出来なかった

話とデータ通信が同時に出来るようになる

ので課題の一つが解決されます。

雑誌などによるとキャリアアップデートも連続してくるようですが管理人の場合は目を離している隙にすべて終わっていたので気づきませんでした。

アップデート終了後設定画面をみると

確かにデータ通信のみになっていたので

音声通話およびデータに切り替えました。

※アップデート直後の画面

2014040101

実は音声のテストは相手もVoLTEでないと意味がないので出来ていないのですがAUは発信が若干遅いイメージが合ったのですがこれは改善されているように思いました。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用