今話題のマイナンバー制度で自分の番号を公開した人がいるみたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナンバー制度の通知カードの送付が始まっていますね。

2015090402.jpg
私の住んでいる東京ではまだ発送されていないようです。
※発送状況はこちらのサイトから確認できます。
>>>個人番号総合サイト 通知カードの郵便局への差出し状況

まあ、今のマスコミの放送の仕方では余り待っている人はいないのかもしれませんが。

そもそもマイナンバー制度とは

何故か内容があまり知られていないと言われている制度なのですがなぜなんでしょうかね。
多分一つの原因はこの制度で実施する内容が明確になっていない部分が有るという事ではないかと思います。
特に民間部分についてはどちらかというと”こんなことも出来る”という部分が独り歩きして不安をあおっているようにも感じます。

マイナンバー制度の内容

以下は総務省のサイトからの抜粋です。
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。
マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤であり、期待される効果としては、大きく3つあげられます。

1つめは、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。(公平・公正な社会の実現)

2つめは、添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。(国民の利便性の向上)

3つめは、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。(行政の効率化)

これを読む限り国民一人一人に番号を付与することで行政サービスでの公平性の担保および行政サービスの省力化によるコストの削減というのが目的となっています。
これについては以前年金データがなくなってしまった「消えた年金問題」のときに日本は管理が統一されたシステムになっていないからこんなことになるんだとかなり批判していた方が居たような記憶があるのでその対応としては良いのではないかと思います。

それにサラリーマンと自営業の税の不公平感が少しでも無くなるのであればこれも賛成です。←これは立場的な問題も大きそうですが。。

今問題となっていること

  1. この制度が始まることを利用した詐欺行為
  2. マイナンバー制度が理解されていないための不安感
  3. 個人情報流失の不安
  4. この制度を利用した詐欺行為

まず、1のこの制度が始まることを利用した詐欺行為ですがこれは詐欺業界はある意味優秀なのでこの制度に関わらず色々な制度が始まる時に起こっています。
例えば住宅に消火器の設置が義務付けられた時でも消防署関連の企業を名乗って法外な値段の消火器を売ったりいろいろ起こっていたかと思います。
2に関しては政府の努力不足もありますし、マスコミも不安をあおる報道が多くて中々中身を伝えることが出来ていないように思います。
ただ、対象となる業務が明確でないのは確かなのでその点は改善が求められると思います。
3の個人情報流失の不安に関しては2の対象業務が明確でないのでどのような企業が情報を扱うのか明確でなく、扱う企業のレベルによっては漏えいのリスクはある様に思われます。
ただ、概念上は情報の管理は分散管理が基本なので漏洩が起こっても該当企業が管理していた情報だけになると思われます。
※概念上と書いたのは実際の仕組みが不明確なのと番号自体は漏えいの対象となる可能性が高いのでその番号によりどのようなことが出来るのかは管理人も把握できていないためです。
4のこの制度を利用した詐欺行為に関しては番号情報でどこまで可能なのかに関わってくるので現時点では不明確だと考えています。

ただ、アメリカのマイナンバーともいえる「社会保障番号」では番号による認証を行っているためなりすましの問題がかなり発生している様です。
一応日本の制度では番号だけの認証は行わないようになっているので発生の確率はかなり低いと考えられますが実際にどうなるかは今後の推移を見守るしかないと思います。

マイナンバーをネットに公表した人がいるらしい

本題の「マイナンバーをネットに公表」ですが実際にその人のサイトを見てみました。
そうすると住民票のコピーが貼られていました。
この人の目的はマイナンバー制度に反対をしていて多くの人が公表することにより制度の無効化を図りたい様でした。
まあ、ふつうはこんなことをしても無理でしょうけどね。

それにそのサイトに書いて有るチラットと記事を見てみると???と管理人には感じるものが多いのでそう言う人なのかなと個人的には感じました。

この人は確かテレビで番号を公表したことで老後とかに不利益を受けても仕方ないと言っていた気がするのですがなりすまし詐欺は老後まで待ってくれないように気がしますね。

先にも書きましたが日本の制度は番号だけで認証できないのでなりすましが発生する可能性は低いですが
何事にも100%はないので知られない事は重要だと思います。

管理人は通知カードを貰ってもしばらくはカードの発行は何が出来るのかある程度判ってから考えようと思っています。

スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC用